リスペクト

ディズニーランド写真?

ある写真家の友人の一言が心に残っている。

その友人は以前「廃墟写真」を専門に撮っていたらしいのだがある時、ふとこう思ったらしい。

「廃墟巡りって結局はディズニーランドと一緒だなって。アトラクション(廃墟)があって、あとはそこに出向いてシャッターを切るだけ」

彼はそう感じてから廃墟巡りは止めてしまったらしい。

その話を聞いて「それってそのまま建築系ファインアートにも当てはまるな~」と思った。

有名建築巡って、あとはシャッター切るだけ。

まあ実際は構図を考えたり、光を読んだり」NDフィルター使ったりというプロセスはあるにしろ、基本は用意されたアトラクション(建築物)で遊んでるだけなのかもしれない・・。

sayamaike_merge_blog

建築家を尊敬

写真は建築家:安藤忠雄さんの狭山池博物館。

池の水鏡、すごいでしょう?

いえいえ、これもすべて安藤先生の計算によるもの。もともとこのように建築が映るように設計されている。

そう、だからこの場所に行けば誰でもこのように撮れるんです。

だから私は「どうだ!この水鏡。凄い写真でしょう!」

と自慢する人にはなりたくない。

しいて言えば、私はその才能の一部をお借りして、私のエッセンスを少し足して“私の作品”としさせていただいただけ。この安藤先生の建築、デザインのおこぼれを少しいただいただけ。

あなたの写真が凄いんじゃないんです、建築物が凄いんです!

最近氾濫する、人気建築物のどこかで見たことのあるモノクロ系建ファインアート写真をみるたびにそう思うのだった。

自戒をこめてのブログでした。

コメント